• 天野 早人

標高2600mのご来光

最終更新: 2020年1月16日

信州宮田村かわら版第67号(2019年12月21日)

2019年12月21日、名古屋覚王山日泰寺の縁日で配布する「中央アルプス駒ヶ岳のまち信州宮田村かわら版」の第67号を公開しました。


今号は、「標高2600mのご来光」、「宮田村から心こめて(ねぎ)」、なごや覚王山商店街通信は「ZARAME NAGOYA(ザラメ ナゴヤ)」を取り上げています。宮田村食材レシピは「ヤーコンとワカメの炒め物」です。


本紙は、えいこく屋パーラー前の宮田村テントで、野菜や果物などをお買い求めいただいた皆さまに、生産地の魅力を知っていただくことを目的として、有志で編集しているものです。


▼ダウンロード(PDF)

最新記事

すべて表示

2021年7月10日「早稲田大学公共政策研究所」連続公開講座

2021年7月10日(土)、早稲田大学公共政策研究所主催の「身近な地域から公共政策を考える連続公開講座⑨」に、わたくしもゲストの一人として参加することになりました。オンライン(Zoom)での開催(事前申し込み制・無料)ですが、興味・関心をお持ちの皆さまはぜひご参加ください。 地域のサステナビリティ(持続可能性)を捉え直す~中山間地域の小規模自治体の「半世紀」に及ぶ地域づくり~ 日:2021年7月1

宮田人

​天野早人