DSY_9623.jpg
pixta_16749722_S.jpg
​むらづくりの想い
~まもり、そだて、つなぐ、創造と実践のむらづくり~

政治と行政が大きな試練に直面しています。経済の停滞や少子高齢化の進行により、社会構造そのものが転換期を迎えているためです。それらの課題を克服し、個性豊かで持続可能な社会をつくることが、政治・行政に求められています。

もっとも身近な政治・行政を担っているのは、基礎自治体としての宮田村です。先人から受け継いだ自然や文化を「まもり」、現代社会の環境と暮らしの中で「そだて」、それらの資源を「つなぐ」、そして未来をつくる次世代に「つなぐ」、「創造と実践のむらづくり」が、小さなむらの大きな将来を切り開きます。

天野早人は、まもり、そだて、つなぐ、創造と実践のむらづくりの先頭に立って働き、「やさしいむらづくり​」、「つよいむらづくり」、「たくましいむらづくり」、「ひらかれたむらづくり」、「かがやくむらづくり」を展開していきます。

  1. 安心して子育てでき、健康長寿で暮らせるよう、教育・福祉・医療サービスを充実させるやさしいむらづくり

  2. 地震・大雨・大雪・感染症等に素早く対応できるよう、危機管理体制を整備するつよいむらづくり

  3. ​産学官が一体となり、自然・歴史・食を活かして経済を活性化するたくましいむらづくり

  4. ​紙媒体・インターネットを積極的に活用し、徹底した情報の公開と発信に取り組むひらかれたむらづくり

  5. ​​議会改革・行政改革を推進する中で、守るべきところは守り、変えるべきところは変えるかがやくむらづくり

宮田人

​天野早人