top of page
  • 執筆者の写真天野 早人

伊那街道宮田宿「喜多屋の夕べ」開催

本日は、伊那街道宮田宿にある国登録有形文化財の一つ喜多屋新井家住宅で、「喜多屋の夕べ」を開催しました。宮田宿の歴史的建造物の保存活用を検討していくための試行イベントです。近隣住民の皆さんや宮田宿の保存活用の議論に関わる皆さんの交流を兼ね、江戸時代の町屋の中庭空間でミニ演奏会・プロジェクションマッピング・軽食を楽しむ素敵なひと時になりました。虫のこえも心地よい夜でした。


2022年10月、宮田のまちなかに5棟の国登録有形文化財が誕生し、現在も追加登録に向けた調査が行われています。このエリアは宮田村景観計画において、宮田宿歴史保全区域と定められています。上伊那はもとより伊那谷の歴史文化・観光・商業にとって、宮田のまちなかが重要な拠点となる可能性が高まっています。引き続き、実践的なまちづくり活動に取り組んでまいります。

今回のイベントの主催団体は「宮田村の景観を考える会」(令和5年度長野県地域発元気づくり支援金重点テーマ採択事業)、共催団体は「むらびとアートプロジェクト」(一般財団法人長野県文化振興事業団信州アーツカウンシル事業、令和5年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業)です。


Comments


Commenting has been turned off.

宮田人
​天野早人

bottom of page