• 天野 早人

12年間の消防団活動の最終日

本日2020年3月31日をもって、宮田村消防団を退団することとなりました。新型コロナウイルスの影響で、予定されていた各種の引き継ぎが延期や中止になる中で、何とか本日までに懸案事項の調整を終え、後任者に法被や階級章などを受け渡すことができました。消防団には12年間所属させていただきましたが、特に最後の3年間は、副救護長(部長階級)、救護長(副分団長階級)、伊南救護長などを拝命し、多くの皆様のお世話になりました。心から感謝を申し上げます。

退団のごあいさつ

救護長(副分団長) 天野早人

近年、全国的に大規模災害が頻発していることを受けて、被災時の救護活動に対する関心が高まっています。宮田村消防団においても、村の操法大会における救護技術発表会の実施、他市町村消防団の救護隊との交流の促進などに取り組んできたところです。今後も、救護隊としての技術力向上と組織力強化に努めてまいります。

さて、わたくしごとですが、二〇二〇年三月いっぱいで、宮田村消防団を退団することになりました。地域の皆様に大変お世話になりましたことに、心から感謝を申し上げます。退団後は、消防団活動の中で出会った多くの皆様とのご縁を大切にしながら、宮田村消防団を応援するとともに、地域の防災活動に積極的に参加していきたいと思っているところです。


四月からは、新しい役員体制がスタートします。引き続き、宮田村消防団の活動に対する地域の皆様のご理解ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


2020年3月発行「宮田村消防団第二分団広報紙」より


最新記事

すべて表示

2021年7月10日「早稲田大学公共政策研究所」連続公開講座

2021年7月10日(土)、早稲田大学公共政策研究所主催の「身近な地域から公共政策を考える連続公開講座⑨」に、わたくしもゲストの一人として参加することになりました。オンライン(Zoom)での開催(事前申し込み制・無料)ですが、興味・関心をお持ちの皆さまはぜひご参加ください。 地域のサステナビリティ(持続可能性)を捉え直す~中山間地域の小規模自治体の「半世紀」に及ぶ地域づくり~ 日:2021年7月1

宮田人

​天野早人