• 天野 早人

年頭のごあいさつ2022(広報みやだ第563号より)

更新日:5月1日

謹賀新年 年頭のごあいさつ 令和4年新春

宮田村議会議長 天野 早人


あけましておめでとうございます。村民の皆さまにおかれましては、輝かしい令和4年をお迎えのこととお喜び申し上げます。旧年中は村議会の活動に対し格別のご支援を賜り、誠にありがとうございました。


この1年を振り返ると、新型コロナ拡大による医療、福祉、経済への影響、春先に発生した果樹の凍霜害、大雨による太田切川の橋梁や寺沢林道の被災など、安心安全に関わる出来事が少なくありませんでした。引き続き、村民の皆さまの生命と暮らしを守ることを最優先とし、村当局とともに危機管理対策に注力してまいります。


さて、昨年10月、議会への住民参加を不断に推進するため、「宮田村議会むらびと会議」を発足いたしました。高校生を含む30人にご参加いただき、議会活動に対する評価や提言を頂戴する試みです。11月には議会懇談会を再開し、区長会と福祉避難所や廃棄物最終処分場問題について、意見交換をさせていただきました。


また、会議の効率化と情報共有の強化を図り、4年間で約28万8千枚の紙資料を削減すべく、タブレット会議システムの導入に踏み切りました。さらには、議会法令の点検と改正、議員の成り手不足問題、主権者教育の推進などにも鋭意取り組んでいるところです。


おかげさまで、宮田村議会は「議会改革度調査2020」において、村で全国第1位となりました。これからも、村の意思決定機関としての職責を果たし、村民の皆さまのための歩みを着実に進めてまいります。


結びに、村民の皆さまに幸多からんことをお祈り申し上げ、年頭のごあいさつに代えさせていただきます。


※2022(令和4)年1月13日発行広報みやだ第563号2-3頁


宮田人

​天野早人